神奈川の鉄道特集① 京浜急行電鉄 日英両文記載

Ameblo径由で外国在住の鉄道ファンがたまに見えますので一部のみ日・英両文で掲載しています。
Well come to Railway's Door my blog for Foreigner's rail way fun

66minixd_yokohamadensha1_04519001sa

京浜急行電鉄は本線泉岳寺ー三浦海岸逗子線金沢八景ー逗子間 浦賀線堀の内-浦賀間京急蒲田ー羽田空港間京急川崎ー小島新田の5路線総営業56,7キロメートルで京浜間と三浦半島一体に亘って鉄道網を網羅している大手私鉄です

Keihin Kyukou Express is Zushi coast mainline Miura Kaigan Sengakuji-Miurakaigan KanazawaHakkei-Shin-Zushi in the most - Uraga Keihinkamata-fastest at the Haneda airport betweenKeikyu Kawasaki-Kojimashinden Total operating routes between 56,7 kilometers Keihin Miura scape and integrated with the railway network to cover the major private railways.

京浜急行は、東京都営地下鉄浅草線、馬込線、さらに京成電鉄成田線、北総開発鉄道など千葉北部の鉄道と相互運転を行っています。

さらに関連事業の経営も意欲的で不動産、百貨店、スーパーなど経営を行っています。

Keikyu, Toei Asakusa line of Tokyo,Magome line and Keisei Electric Railway Line Narita, Chiba Prefecture, north of the northern railway general development of railway operation and mutual activities.
Management also more ambitious projects related to real estate, department stores, supermarkets and other business activities.

66minixd_yokohamadensha1_032 

最初に到着したのは2枚窓の1500形です。前面非貫通のデザインは京急では

非常に珍しいデザインです。

旧1000形の取替えとして1971年から本格稼動しました。

動力はVVVf方式になっています。

At first arrived to model 1500 ,In Keikyu very fantastic dezaign by not open door

of front.

In since 1971 changed of old model 1000

The power enginne is style of VVVF

66minixd_yokohamadensha1_036

1000形は製造年度は1958年と京急ではいまや最古参ですが、全体の受けるフォルムが美しくファンが大勢いるようです。

この車両は車内内装がグリーンにホワイト貴重でシートはブルーと当時の国鉄103

系にあわせてあります。

一部は北総鉄道に譲渡されています。

さすがに鋼体も少し凸凹してきていて写真でも感じ取ることができます地方にも譲渡され高松琴平鉄道をはじめ全国の地方鉄道で走っています

Production in fiscal 1000 and 1958, is now the longest-serving Keikyū, but overall fans will get a lot of beautiful form.
The car, the car interiors and green white and blue sheet is rare at the time of the Model 103 Japan National Railways at the same system.
The Hokuso kaihatsu rail road transfer by train.
Yes steel body has been a little uneven and photos can also get a sense of local Takamatsu Kotohira is also transferred to the local railway and other railway through the region.

66minixd_yokohamadensha1_03915new

次に下りホームに快速特急新1000型クロスシート座席の車両がホームに入ってきました。

新1000形は、700形、旧1000形の代替車として投入されました。

残念ながら急いで撮影したので画面がぶれています特急料金を取らない快速特急は座席も快適で常に混雑していて京急の看板電車です。この電車シーメンス社のモーターをつかっていることと発車音がドレミファソと段階的に音を出すのでドレミファ電車ともいわれ、さらに2100型に発展しています

At next down the home fast express train new 1000-seat car cross seat in the home.
The new model 1000, 700 the old 1000 as an alternative launch car
Unfortunately, so quickly taken by the screen to avoid blurring the express fare seats are comfortable and fast express train is always crowded with billboards and the Keikyu train. Siemens motors on the train and that leaves a deep sound stage and Do-re-mi-fa-sounding its coled Doremifa train is said that more development-2100.
66minixd_yokohamadensha1_050 

京急最後の写真車両1500は羽田空港行特急です。従来は横浜方面からは、羽田空港までは京浜蒲田で空港線に乗り換えねばならなかったのですが、直通運転が実現して時間短縮が図られて大いに便利になりました

Keikyu 1500 is the last photos of car at the airport express train lines. Prior to the Yokohama from the airport to airport line is Keihin kamata must to changed had Kamata, but the realization of the direct driving time is very useful as well now

66minixd_yokohamadensha1_066blue 

撮影を終えて振り向いたらなんと京急1000青色塗色の1000形が来るではありませんか。ラッキーと言って写真を撮影したのですがあまりに距離が離れていました。

After shooting take on Keikyu 1000 blue color car, what's to come 1000, is not it? Lucky say photographed, but so is distance away.

| | コメント (0)

新春特集号大都会の駅の鉄道「東京駅」①

にほんブログ村 鉄道ブログへ

2007_123120071231railway0507_2

今年最初の鉄道の扉は東京駅から出発進行します。東京駅は日本で最大の駅です。ここに発着する電車・列車は、JR東日本が中央線・京浜東北線・山手線のほかに地下駅から発車する総武・横須賀線・京葉線などがあります。

新幹線は、JR東日本が東北新幹線・上越新幹線・長野新幹線、JR東海・西日本が東海道新幹線・山陽新幹線など、日本の交通の大動脈がまさしくここに集中しています。

東京駅北口はこの数年で大きな変貌を遂げました。周辺は高層ビルで取り囲まれて、伝統ある東京駅も小さく見えます。しかしこの赤レンガの東京駅は今日まで日本の歴史をじっと見つめてきました。

2007_123120071231railway0506

東京駅北口(丸の内口)は新丸ビルをはじめ、数々の著名なビルがあり、高さを競っています。東京駅前はさらに大きな駅の変貌を前に現在工事中です。

ビルの右側には丸善東京店があって大好きな本が並んでいて蔵書数も・八重洲口の八重洲ブックセンターと競っていて時々どちらの店にも立ち寄ります。

2007_123120071231railway0460_2

こちらは、南口(八重洲口)です。このビルには長い間、大丸東京店がありましたが、つい最近新ビルの完成により新しく移転しました。

八重洲口には、JRバスとか民間バスが発着、ターミナルとなっています。

2007_123120071231railway0458_2

| | コメント (3)

きょうも相鉄・小田急へ

にほんブログ村 鉄道ブログへ

きょうも家の整理の後、本厚木の湘南厚木病院に母を見舞いに本厚木まで出かけました。
きょうのコースはJR横浜から相鉄で海老名に向かい、小田急に乗り換えて本厚木に向うことにしました

相鉄もこのところ新塗装の車両が急激に増えており、今の相鉄カラーの車両を撮って置きたいと思いました。

かしわ台で降りて検車区を見たら50%ぐらニューカラーになっているように思えました。
次に来た車両は写真にあるとおり、全車ラッピングされた電車です。

海老名で撮影したのがラッピング電車です。2両単位に写真がラッピングされていますが結構ど派手です。

この日、夕方ですが小田急は結構5000系に会いました。6両編成で全車5000です。
小田急伝統の5000いつまでも走り続けてほしいものです。

ステンレスの1000、ワイドドアですが、デザインもよく小田急の主力電車です

相模大野で降りましたが大きなビルが建って、駅構内も随分変わりました。
ツリーモあってもう12月間近を感じさせます。

2006_0725new11030227_3 

2006_0725new11030229_2

2006_0725new11030230_2

2006_0725new11030231_2 2006_0725new11030232_2

2006_0725new11030233_2 2006_0725new11030234_2

2006_0725new11030228

2006_0725new11030245

 

2006_0725new11030248 2006_0725new11030254

| | コメント (0)

今日も地下鉄・小田急へ

横浜地下鉄・小田急を使って厚木まで往復しました。このところすっかり小田急が身近になってきました。
横浜市営地下鉄でも地上部分にこんなのんびりした田園地帯がありますが、下飯田から
終点湘南台までのほんの一瞬です。

湘南台について小田急ホームに出たら、ぼくの好きな8200がやってきました。各停の片瀬江ノ島行き6両編成です。6両全部がクリームとブルーの帯、良いですね。
次にやってきたのが5000です。
今日は幸先よいスタートです

Photo

2006_0712new0109_2

2006_0712new01102006_0712new0112_2

 

相模大野に着いたらもうすっかり日が暮れてしまいました。ステンレスの1000が向かい側ホームに止まっています。急行箱根湯本行きです。

2006_0712new0113_2

帰宅するため地下鉄に乗って帰宅です。横浜開港150周年を記念してちょうどラッピング電車に合うことができました。車両全部がラッピング、横浜の開港から現代まで鮮やかに描かれています。車内もごらんのとおり座席が絵が描かれています

2006_0712new0116_2 2006_0712new0117_2

2006_0712new0118                                                                                                                                                            

                        

| | コメント (4)

久しぶりに小田急の二日間

母が厚木の病院に1ヶ月ほど入院しましたので、横浜から本厚木まで2日間でかけて、ひさしぶりに小田急三昧にふけりました

出発地はみなとみらいの見える桜木町駅です。遠くに観覧車、ホテル、オフィスビルを眺めることができます。ちょうど横浜線205が停車していたので、早速撮影します。
山手線に類似していて間違えられそうですが、横浜線カラーの淡いグリーンと濃いグリーンです。

2006_07050017

2006_07050015

病院で母を見舞った跡、帰宅につきますが小田急を撮ろうという魂胆です。

行きのコースと違って、かねてから東急線に乗り入れている東武鉄道も撮ろうということで
小田急本厚木ー相模大野ー中央林間ーあざみ野ー地下鉄帰宅と遠回りコースを選びました。
小田急本厚木駅はなかなかいい感じです。

特急が通過して海老名駅にしばらく止まると放送があったので降りて、構内の小田急を撮影しました。5000、3000が遠くに見えますが、秋の日差しは短く夕方になってしまい写真も暗く写ってしまいました。こういうとき大口径のデジカメがと思います。

001003_2

特急ロマンスカーがその間に通過、

2006_07050004_3

相模大野で江ノ島線に乗り換える頃にはすっかり日も暮れてしまいました。
急行江ノ島行きは満員なのと、ここで何か撮れないか考えて一台電車を見過ごします。
各停江ノ島行きがやってきましたが短い6両編成です。
中央林間までなのでこの電車に乗ることのしました。赤いテールライトがきれいです。

2006_07050021_4

   

2006_07050005

                                           

 

            

中央林間で東急田園都市線に乗り換えるため地下に向かいます。
ちょうど、東武鉄道50000が止まっていました。
南栗橋と表示されていて東急田園都市線ー東京メトロ半蔵門線ー東武線の南栗橋
までのロングランです。
前面の派手なオレンジとブラックカラーがマッチして東武のイメージを大きく変えました
ドアが閉まっていると側面オレンジも調和してるのですがドアが開いているとオレンジが気の抜けたような感じがします。この電車初のアルミ製無塗装車です。
車内は明るい紫色のシートで広い一枚ガラス、女性専用車でした
シートは見た目より固く、中央林間から埼玉県南栗橋まで乗車するとしたら少々腰が痛くなるのではと思いました。ラストはあざみ野駅で地下鉄に乗り換えるのですが、ちょうど向かい側に東急8000がブルーの伊豆急行2トーンカラーが止まっていました。

2006_07050007               

2006_07050012 

 

2006_07050008

2006_07050013

| | コメント (3)

東急東横線横浜ー桜木町が廃止された日

東急東横線の横浜ー桜木町間が廃止されて、新たに横浜ー本町中華街間の横浜高速鉄道みなとみらい線が新しく開通、相互乗り入れが始まった記念すべき日に撮影に出かけました。これはそのときの撮影アルバムです。

平成16年1月30日夜8時頃だったと思いますが、桜木町駅に着いた普通電車で桜木町の行く先表示幕も最後です。

東横線の運行が横浜ー桜木町間が廃止されることを明記したお知らせです。1月31日は東急線と横浜高速みなとみらい線の直通運転の準備のためでしょうか、一日だけ全東急線の電車が横浜止まりという珍しい光景が見られました。

今はなき高島町駅ホームの駅名表示板です。この日は横浜ー高島町ー桜木町間の駅、ホームは64年近く続いた路線が廃止されるとあって鉄道ファンはもとより、帰宅途中の人たちまで詰め掛けて、結構、若い女性も電車が来るたびにケータイを差し伸べて撮影をしていたのが印象的でした。

05240030

05240009   

05240025

01310005_1

明けて今度は1月31日、東急線始まって以来の渋谷ー横浜間折り返し運転とあって、どこから聞きつけたのか、大勢の男女が駆けつけました。

初めての東急、横浜高速鉄道みなとみらい線の地下横浜駅を見ようということでしょう。夕方駆けつけると地下構内も人が大勢です。

01310020

01310013

さて、ホームに入ると電車が進入してきますが、全部横浜止まりという変則的な運転ですがこのように人でごった返しています。案内表示板も本日臨時ダイヤで運行というテロップが流れています。

入ってくる電車が横浜駅から折り返し渋谷行きになります。

鉄道ファンはじめ一般客も行く先表示幕が元町中華街、日吉、元住吉と変わるのですが横浜と表示されたとたんにデジカメ、35ミリカメラ、ケータイのフラッシュを浴びてステンレス車両が輝いています。

横浜高速鉄道ご自慢のY500系も今日は横浜から桜木町に向かいます。

01310006_1

02010004

01310008

02010006

| | コメント (8)

神奈川ミニ電車の旅 相鉄から小田急

2007_01010005_4             

久しぶりに2時間くらいの神奈川電車の旅に出かけました。

コースはJR東海道線で横浜まで行って、それから相鉄に乗り換えて海老名まで、

海老名から今度は小田急で相模大野、そして小田急江ノ島線に乗り換えて大和で下車

再び、相鉄で横浜へ行ってヨドバシカメラに寄って最後にJRで東海道線に乗り換えて帰ってきました。

相鉄もしばらく乗らないうちにステンレスカーに変わってしまい、あのライトグリーンにオレンジの帯、屋根がグリーンのカラーの5000系はもう淘汰されていました。

一時、横浜出身のイラストレーター柳原良平さんが横浜のイメージのイラストをブルーの塗装の上に描いたユニークな電車はもう姿を消していました。

相鉄のHPで新しい相鉄イメージカラーの電車に塗りなおす情報を友人から教えていただき早速今日出かけたのですが、実は相鉄のイベントは来週日曜日だということがJR東海道線に乗ってわかりましたが,ここまできた以上実行しようということになりました。

写真の8000系は急行海老名行きで横浜駅ホームから撮影したものです。

下の写真は8000系の室内です。落ち着いた明るいオレンジ色のモケット貼りの座席は好感が持てます。真ん中に一人が着席できる色違いのモケットが貼ってあって7人着席ができるようになっています。この写真どこか似てると思ったらJR中央線201系の座席とそっくりです。

さらに相鉄は2輌ほぼ真ん中にクロスシートの車輌を連結しているのが特徴です。二俣川で各駅停車から快速に乗り換えましたが座席は座り心地がいいです。

一番下の座席は平日朝通勤時に女性専用車として運転されています。夏季は弱冷房車として運転されている車輌が女性専用車になっています。座席の色が女性にふさわしいやさしい色になっています。一般車との区別は広い窓にピンクに白字で女性専用車として明記していることです。なお、平日は男性も利用できます。

                                                 2007_01010010 ,

2007_01010013

2007_01010047

続いて海老名駅に停車中の7000系です。この車輌は今や相鉄の主力車輌となっています。左側ホームは小田急電鉄海老名駅ホームです。相鉄がオールステンレス化されたのに対して小田急電鉄はいまだにクリーム色にブルーの帯を巻いた5000系、8000系が健在なのはファンにとってはうれしい限りです。

2007_01010014_1

次は小田急です。ここにはステンレスカーに混じって伝統のカラーの電車がいまだ健在でうれしい限りです。今日見たのは5000系と8000系でした。

撮影は本線と江ノ島線が分岐する相模大野ホームで行いました。30分ほどいましたがその間、特急、急行、普通と実にさまざまな形式の車輌を撮ることができて満足しました。

写真は発車を待つ江ノ島線8000系です。従来の小田急カラーを引き継いでいます。僕の半生がこのクリーム色と青い帯の電車に想い出が詰められているのでどうしても目が注がれるのです。

下の写真は5000系でずいぶん長い間走り続けていますが、最近「国家の品格」という書籍ががベストセラーになり、さらに正社員とハケン社員の問題を扱ったNTVドラマ「ハケンの品格」など、最近品格ということばが流行っていますが、僕はこの5000系を「小田急の品格」と呼んでいます。この車輌はロングランの新宿ー箱根湯本間の急行運転に今でも使われていて小田急鉄道ファンを喜ばせています。

2007_01010017

2007_01010035_1

いまやものすごい勢いで増殖中なのがステンレス製の3000系です。この車輌にはじめて乗りましたが外観デザインはJR京浜東北線209に類似していますし、小田急線で始めての正面一枚ガラスの非貫通式になっています。乗り心地は209より揺れが少ないように感じましたが座席は硬く座り心地は決していいとはいえません。急行箱根湯本行きに半分併結されていましたのでやがて5000、8000系は消え行くのでしょうか。いつまでも走り続けてほしいです。

同じステンレス製でも1700系は正面貫通ドアに大きな窓のバランスが取れていて僕の好きな車輌です。写真は江ノ島線、片瀬江ノ島行きで、特急ロマンスカーEXEを撮影した後この1700系に乗って家路に付きました。

2007_01010018

撮影がすんで家路に着こうかと思っていたら特急ロマンスカー30000系が相模大野に停車したので最後にカメラに収めることができました。特急はこのほか10000系のホワイトミルキーの新車のほかに多くのファンが居る7000系LSE車がありますが、残念ながら通過してゆき電車の陰になってカメラに収めることができませんでした。

2007_01010045

2007_01010043

| | コメント (10)