« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

大都会駅の表情 東京駅①

2007_123120071231railway0507_2

東京駅から発着する鉄道を調べてみました。東京駅は日本で最大の駅です。ここに発着する電車・列車は、JR東日本が中央線・京浜東北線・山手線のほかに地下駅から発車する総武・横須賀線・京葉線などがあります。

In Tokyo Metropolitan Terminal  is most biggest station in Japan
Here is started Jr East japan rail way company is Cyuou line keihin-touhoku line ,yamate line(Tokyo circle line run about 40 minutes) other underground station is departure Soubu-Yokosuka line Keiyou line

新幹線は、JR東日本が東北新幹線・上越新幹線・長野新幹線、JR東海・西日本が東海道新幹線・山陽新幹線など、日本の交通の大動脈がまさしくここに集中しています。

Sin-kansen is started JR East Japan Tohohoku-Sinkansen Nagano-Shinkansen
Jyouetu-Sinkansen ,JR Tokai Nishinihon is Tokaidou-Sinkansen Sanyousinkansen etc

東京駅北口はこの数年で大きな変貌を遂げました。周辺は高層ビルで取り囲まれて、伝統ある東京駅も小さく見えます。しかしこの赤レンガの東京駅は今日まで日本の歴史をじっと見つめてきました。

2007_123120071231railway0506

東京駅北口(丸の内口)は新丸ビルをはじめ、数々の著名なビルがあり、高さを競っています。東京駅前はさらに大きな駅の変貌を前に現在工事中です。

ビルの右側には丸善東京店があって大好きな本が並んでいて蔵書数も・八重洲口の八重洲ブックセンターと競っていて時々どちらの店にも立ち寄ります。

2007_123120071231railway0460_2

こちらは、南口(八重洲口)です。このビルには長い間、大丸東京店がありましたが、つい最近新ビルの完成により新しく移転しました。

八重洲口には、JRバスとか民間バスが発着、ターミナルとなっています。

2007_123120071231railway0458_2

| | コメント (0)

大都会駅の表情 東京駅 ② 中央線

2007_123120071231railway0064

中央線201系に変わって新製車E233系が導入されて、その数は急激に増えてきて筆者も一台待って乗車することができました。

E233系は初めてなので、試しに東京から御茶ノ水まで乗車して、帰りも同じ中央線で東京駅まで乗車しました。

Tyuou Line is running to center of Tokyo district from west tokyo district
Chenging

行く先表示が日本語と英語で表示されるほか、停車駅も下段に表示されています。伝統のオレンジ色の帯です。

2007_123120071231railway0515

2007_0422new11030094   

向かい側ホームにはおなじみの201系が停車していました。201系は長い間中央線でおなじみの電車でした。

201系独特のサイリスタチョッパーの発車・走行音が大好きです。

E233系の車内の模様です。最後尾車両から運転室を撮ったところです。JR東日本新津車両工場製造と左上に記されていました。

運転室窓には何かモニターのようなものが見えます。

2007_123120071231railway0517_2 E233系の車内です。最後部運転室を眺めたところです。JR東日本新津車両工場製造と左上に記されていました。

2007_123120071231railway0519 車内全景です。ドア部分にドア手動スイッチがありますが、201系では見られなかった光景です。
高尾以西、大月、青梅線、五日市線などの閑散区間にも乗り入れ運転されるので
冬季間寒冷対策として自由にドア開閉ができるようにしたためでしょう。

つり革が三角状になっていて色も濃い茶色になったほか、老人、身障者、妊婦などの優先席は一目で分かるようにつり革も黄色になっています。

座席シートの固さも大分やわらげられています。
従来と異なり、スタンポールの取り付け位置も変更されています。

2007_123120071231railway0520 電車ドア上部には、大きな液晶画面2個が取り付けられて、右は路線案内と上に
行く先別表示がされています。
左側は、映像が流れていました。
これは、E231系と大きく異なる点で情報化時代を先取りしているといえます。

| | コメント (0)

大都会駅の表情 東京駅③京浜東北線・山手線

おなじみの京浜東北2007_123120071231railway0071_4線209系です。
209系電車は国鉄からJRになって京浜東北線に投入された新高性能電車ですが、これまでの長寿命設計思想を改めて簡易設計・軽量化を計った最初の電車です。

つまり鉄道もこれからは省エネルギー・コストの安価な電車こそ大切だという思想のもとに製造されました。

鉄道ファンからは「走るんです」とニックネームが付けられました。

つい最近同線にE233系が投入されましたが、その姿を見ることはまだできませんでした。

山手線E231系で、最近はPR電車も多くなってきました。

2007_123120071231railway0069_2

2007_123120071231railway0070_2

| | コメント (0)

大都会駅の表情 東京駅④ 東海道線

東海道線ホームで、E217総武・横須賀線用と211東海道線用が一緒に停車しています。 211系電車は国鉄の末期に製造されました。

こちらはもう主力電車になったE231系です。113の後を引き継いで登場し、211系とともに東海道線の重要な役割を果たしています。

2007_123120071231railway0455_2

2007_0422new11030135

2007_123120071231railway0456

気が付けば、スーパービュー踊り子号が入線してきました。
スーパービュー踊り子号も従来の色から濃いブルーとグリーンに変わりました。

休日を伊豆で過ごすのでしょうか、乗客が多かったです。

2007_123120071231railway0499_3

2007_123120071231railway0502_2

| | コメント (0)

大都会駅の表情 東京駅⑤東北・上越・長野新幹線

2007_123120071231railway0479


2007_123120071231railway0477_2

東北新幹線MAXE2は全席2階建て(ダブルデッカー車)です。一度だけ東京ー
福島間を往復したことがありますが、2階は眺めがよく、普段見れない角度から
車窓の旅を楽しむことができます。

かって東海道線にも100系があり真ん中2両が2階建て車両でした。

| | コメント (0)

大都会駅の表情 東京駅⑥ 東海道新幹線

東海道新幹線ホームです。ここでは、「ひかり」「のぞみ」「こだま」などの新幹線が間断なく発車して行きます。

かって、東京ー博多間を走行していた300系も新型新幹線の登場によって、今では、東京ー新大阪間の各駅停車「こだま」にも使用されるようになり、世代交代と時の流れを感じます。

2007_123120071231railway0465

2007_123120071231railway0469

2007_123120071231railway0473_2

次は東海道新幹線の最新鋭電車N700系です。
前頭部が動物のカモノハシに似ていますが、スピード感が強調されています。

2007_123120071231railway0468_4

新幹線ホームです。大きな見やすい発車ご案内が一目を引きます。

2007_123120071231railway0462 新幹線に乗車するために待っています。乗客の世話をするアテンダントたちの姿も見えます。

アテンダントの活躍する姿を描いたTBSTVドラマ「新幹線93夏」(主演・宮崎ますみ)はJR東海の全面協力を得て撮影されました。
このドラマは本格的に新幹線に目を向けて、そこで起きるいろいろな出来事とか事件を新幹線に同乗するアテンダントたちが解決し、活躍する物語で私たちが普段知りえない出発から到着、点検など組織についても触れていて当時の話題の
女優が揃って出演しています。

とりわけ主演の宮崎ますみのけなげな可愛い新人アテンダントとしてのひたむきな仕事を演じてる姿を見て感動したものです。
鉄道ファン必見のドラマです。

2007_123120071231railway0476

| | コメント (0)

新宿駅鉄道情景① JR埼京・湘南新宿・中央・山手線

Dscf1016

新宿駅は、世界一の乗降客数を誇り、一日平均約350万人です。 JR東日本だけで、実に8面16線のホームで終日混雑をきたしています。 すなわち、埼京線・東京臨海線・湘南新宿ライン・中央快速線・中央緩行線・山手線の多岐に亘りますが使用されている車輌は以外に少ないです。

さらに私鉄は、小田急線・京王線・東京メトロ丸の内線・東京都営地下鉄線・東京都営地下鉄大江戸線などが交錯しています。

JR東日本は ① ② 埼京線・東京臨海鉄道・湘南新宿ライン 大崎・新木場・横浜・大船方面

③ ④ 埼京線・湘南新宿ライン 池袋・赤羽・武蔵浦和・大宮・高崎・宇都宮方面

⑤ ⑥ 中央線列車到着ホーム 

⑦ ⑧ 中央線列車八王子・甲府・小淵沢・上諏訪・松本・信濃大町方面

⑨ ⑩ 中央線快速 四谷・御茶ノ水・神田・東京方面

⑪ ⑫ 中央線快速 中野・荻窪・三鷹・立川・八王子・高尾・大月方面

⑬   中央緩行・総武線 四谷・御茶ノ水・秋葉原・錦糸町・市川・船橋・千葉方面

⑭   山手線外回り 渋谷・恵比寿・品川・新橋方面

⑮   山手線内回り 高田馬場・池袋・田畑・上野方面

⑯   中央緩行線  中野・阿佐ヶ谷・荻窪・吉祥寺・三鷹方面  

1番線、2番線は埼京線・東京臨海線・湘南新宿ライナーの発着線です。

Dscf1001_2

湘南新宿ライナーは、1988 年高崎線・東北本線が旧山手貨物線を使用して東海道本線・横須賀線の横浜・湘南方面を直結しここに神奈川・東京・埼玉・栃木・群馬県、一都5県の交通事情は非常に便利になりましたこのように新宿駅は一日中混雑を見せています。

Dscf1003_3

Dscf1002

中央快速線上りホームです。ラッシュ時には約1分30秒間隔で運転しており、世界一の過密ダイアといわれています。201の次世代後継車として登場したE233はすでに主力電車になりつつあります。

Dscf1006_2

Dscf1005

Dscf1007_2

振り向くと一番右のホームには中央線特急スーパーあずさが停車していました中央線快速は下り電車です。

Dscf1012_2

総武・中央緩行線の千葉行きです。おなじみの山手線です。外回り渋谷・品川方面行きです。

Dscf1013_2

Dscf1009

Dscf1008

Dscf1004_2

Dscf1010_2

新宿駅南口です。新宿ルミネ・小田急 ・高島屋新宿店をはじめ大型店があります 下の写真は新宿駅西口です。元淀橋水道浄水場跡地に今は超高層ビルが林立していて日本のニューヨーク・マンハッタンのような趣がします。丹下健三氏の設計した東京都庁総合庁舎もあります。

Dscf1015_2

Dscf1021_2

| | コメント (0)

新宿駅鉄道情景② 小田急・京王

小田急線新宿駅ホームは2層式地下1階と地上に分かれています。 写真は地上部分です。

Dscf1023_6

Dscf1024_2

Dscf1025_2

小田急線車輌は、別に撮影した写真を掲載しました。 3000型車輌です。5000型の次世代後継車として登場しましたが、この車輌見れば見るほど JR209型に似ています。 東京メトロ千代田線用として登場した8000型です。 小田急伝統の5000型です。すでに投入後20年近くになりますが、今も健在なのは小田急ファンとしてうれしい限りです。 小田急特急はバラエティーに富み、HISE,EXE、VSEなどが就役しています。そのほか、JR東日本が新宿から御殿場線径由で沼津まで運行しています。

Dscf0312_4

Dscf0364_2

Dscf0366_2

Dscf0317

073_2

2007_12310153_3

次は京王線新宿駅です。 京王線は地下から発着しており、また東京都営地下鉄 線、本八幡・京葉高速鉄道に乗り入れ勝田台まで直通の新宿新線駅があります。 京王新宿駅のりば付近です。電車はこの地下から発着しています。

Dscf1018_4

         

京王線の車輌は別の日に撮影した電車を掲載しました。 6000型です。この車輌は京王八王子線・高尾線に使用されているほか、多摩線、東京都営地下鉄線直通運転しています。

2007_12310138

2007_12310140

2007_12310131

| | コメント (0)

今日は久しぶりに友人と会うために新宿へ出かけました。
今までは横浜から新宿に行くには、品川で山手線に乗り換えて時間を要しましたが、JRになってからは東海道線から埼京線を通り、さらに高崎・東北線方面に直通する湘南・新宿ラインができてから、新宿直通湘南新宿ライナーが走るようになり、横浜から30分内外でいけるようになりました。

新宿で降りるとなんと東武特急スペーシア鬼怒川温泉行きが止まっているではありませんか。ラッキーですPhoto_2
東武特急スペーシアは100 系で1990年6月1日より運用開始、SPACIAの名称は一般から公募決定。
1991年に旧型特急の置き換えが完成

6編成54両が在籍する。
室内の静粛性、防音に一段の配慮がなされ、車内設備面で3号車はビュッフェ、サービスカウンター、電話室、自動販売機などが設置されている。
また、6号車は、ホテル並み内装、4人用個室が6室設けられ、テーブルは大理石など高級感を演出している。

2006_0720

2006_0720new11030144_2
























さて、友人と昼食・歓談の後、、滅多に乗車しない京王線の取材に出かけます。
小田急線はかなり今までブログに掲載したので、これからの予定もあって、
新宿ー笹塚ー下北沢ー渋谷ー外苑前ー渋谷ー横浜に帰ることに計画を立てました。

笹塚で降りてまず京王線の撮影をします。
最初にやってきたのは、いまや京王の主力電車になった9700です。
2001年に最初に登場し、現在114両が在籍し、京王としてはじめてドアチャイム、LED、優先席にに黄色い太い帯があり、容易にわかりやすい特徴を持っています。
2006_0720new11030147_3

2006_0720new11030148





2006_0720new11030150

Photo_4

次は6800です。この電車は貫通ドアですが、左の窓が小さくウインクしているような顔立ちです。
1972年から1991年までの間に114両が在籍し、今なお京王本線の主力電車です。
最近シングルアームのパンタグラフが設置されています。

2006_0720new11030168

2006_0720new11030169

次に見たのは前面が緩やかな半流線型をした
8000です。1992年から1999年まで製造されました。

2006_0720new11030170_2

データ一部引用
WIKIPEDIA 
京王線

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »