« 鉄路さんちのあきれたある日 | トップページ | 鉄道模型シュミレーションで楽しむ »

シリーズ鉄道博物館 ③

にほんブログ村 鉄道ブログへ

鉄道博物館

このシリーズも3回目です、では博物館の中央にある実車展示場に足を進めることにしましょう。

全体を0000004_3眺めるには2階部分の吹き抜けバルコニーが最高です。

正面にC62型蒸気機関車が転写台に乗ったまま陳列されていてそれを取り囲むかのように扇形に電車・機関車・気動車・客車が保存00000010陳されています。

陳列もよく見るとホーム列車表示板、ホーム屋根など当時の大正、昭和時代の面影を残しています。

ここには日本の鉄道史上、名をはせた名車が一堂に展示陳列されていて圧巻です。

最初は日本の最初の電気機関車ED40です。
旧信越本線横川ー軽井沢間は日本一の急勾配区間です。そのため登坂力の強いアプト式電化機関車として登場した。

000040_2

0000004_2

0000001_4

0000003

国鉄バスの創業第1号として、岡崎ー多治見間に走行した旅客バスです。

0000002_2

国鉄キハ07気動車の車ごらんのとおりに窓が5つ窓でその車内です。全国鉄道案内図に鉄道省と書かれています

0000008_2

|

« 鉄路さんちのあきれたある日 | トップページ | 鉄道模型シュミレーションで楽しむ »

鉄道博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鉄路さんちのあきれたある日 | トップページ | 鉄道模型シュミレーションで楽しむ »