« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

鉄道エッセイ、抱腹絶倒鉄道物まね

にほんブログ村 鉄道ブログへ

僕は鉄道クレージーです。

何しろ僕が4歳の時、母、祖母、父がなにかというと家から近い今の東神奈川駅に電車を見に連れて行ってくれたからでしょう。兄弟の中で僕だけが鉄道が好きです

僕が得意とするものに鉄道の音の物まねがあります。物まねは高校を出てからです。ときどき地域の集会があって子供が多いときに物まねをすると喜んでくれますのでバカであほな感じですがサービスすることにしています。
ただ、聞く人によって音は違うのであくまでもニュアンスで捉えてください。

鉄道、飛行機などの物まねをされてる本職のプロがおられて立川信司さんですが、実に細かくリアルに再現されていていろんなイベントに出ておられます。
時々イベントで物まねコンクールも開催されるようで本職のJR車掌さんとの対決など、下記のHPで公開されています。

http://homepage3.nifty.com/monomane/monomane.html

僕はどのように物真似をするかご披露したいと思います。

皆様は物まねをされますか。

では、実際に東京駅に京浜東北線がホームに入ってきて乗客を乗せて神田駅までE209電車が発車、到着するまでを物まねでやるとすると

パパパンパンというサイレン音(徐々に高く)

女性のアナウンス 声を高くしてゆっくりと
「まもなく3番線に・・・大宮行きが参ります、危ないですから・・・黄色い線までお下がりください」

電車のホイッスル進入音
{ファーン」と長めに

電車の到着音
{ウーン、タタンタタン、タタンタタン、ヒュータタンタタンと3段階に高音から低くするとVVVFらしく聞こえる」

ドアの開閉音
プッシュとかなりゆっくりとゴゴンとドアが開く

東京駅到着  女性アナウンス、高い声で低めに
「東京、東京です、ご乗車ありがとうございました」

ラッシュ時は、男性音を追加(早口で)一気に甲高く、駆け込み乗車の部分は注意喚起の意味からやや遅く低く

発車音 東京駅の3番線のミュージック音をまねして入れる

「3番線ドアーが閉まっています、無理をなさらず、次の電車をお待ちください、、危ないですから駆け込み乗車はおやめください。、電車が遅れるもとになります、はい、次は神田に止まります」

東京駅発車案内 女性アナウンス 「3番線の・・・・ドアーが・・閉まります・(ここまでゆっくりと)次は神田に止まります、

ドア戸閉め音 ついでピンポン ピンポン ピンポン 三連音(やや早く)

運転手
「東京定発 出発進行、制限15」 ゆっくり落ち着いて

ホイッスル音 ファ~ン

電車発車音
ウ~ン、ウ~ン ウ~ン最初は低く、音階を3段階に変えるとVVVF方式になる。
あとは、タタンタタンタタン タタンタタンタタンと次第に早くする

運転手
「制限60、進行」

車掌音声
「お客様にお願いいたします、ケータイ電話のご使用は、優先席では電源をお切りください
そのほかの席ではマナーモードにしてご使用ください」

対向電車通過音を入れる

「ファーン、タタッタタン・タタッタタン・タタッタタンを早く繰り返す

車内案内音
「まもなく神田です、神田の次は秋葉原に止まります」

電車停車音
ウ~ンタタタタンタタン、を高音から3段階に低くするとVVVF方式になる。

運転手
「神田停車」

ドアが開いて

駅案内音
「神田、ご乗車ありがとうございました、この電車は次は秋葉原に止まります」

モハ63・73型
この電車は旧国鉄が戦時中の節約思想に基づいて設計した戦時型電車です。
コンプレッサーの音 グヌグヌグヌグヌグヌと聞こえるのですがこれを続けます。

発車の音から素行音  
グウウーン ウンンと低音でお腹から音を出してツツンツツンと次第に高音で引っ張っていきます。走り始めたらタタンツツツツンと切り替えて続けます。

停車の音  駅が近づいたらエエンテテン ツツツツンと次第に遅くして行きます。

モハ101型
国鉄高性能電車の創始者です。この電車の音はコンプレッサーが特色です。
コンプレッサー音 シュッシュッシュッシュッシュッシュッからタカタカタカに変えて早くさせて次第に遅くさせてシュッシュッシュッシュッ シュッシュッシュッと最後は超遅くして終わります。

発車音から走行音
ウーンウーンウーンという感じでタタタタンタタタタンと早くしたあと、ツツツツツツン、ツツツツツツンと繰り返します。

停車音
ティティティティンからツツツツンと徐々に遅くします。

キハ58型トルクコンバーター音
ガリガリガりガりガりガりに時々ディガディガと混ぜ合わせると近くなります。このトルクコンバーター音がキハ58の特色です。

発車音から走行音
ファ~ンとのんびりした長いホイッスルが特徴です。
ダダンククンククンダダンダダンガリガリガリ・アアンと混ぜ合わせて次第に早くすると感じが出ます。適当に繰り返し早くなってスピード感が出たらところでエンジン音を切る意味で音をやめてタタンタッタッタタンとさせます。あとはタタンタッタタンタタンタッタタンと繰り返します。もし速度を上げる感じを出すならばウウンガガガガンとすればいいです。
鉄橋音はゴゴン・ゴンゴ・ゴンを繰り返します。

東京地下鉄旧型車100型の音
この電車は音がきわめてうるさく発車の音 ドアが閉まる音がガタンといううるさい音がします。ついで、ウーガガガガンガガガガンのどの奥から発声させてガンガンガンと変えてついでダンダンダンとさせて次第に早くしてタタタンタタンと続けると似てきます。とにかく騒音らしくやることです

停車の音 タタタンからガンガンガンに変えて徐々に遅くしていきます。

通過音113型
遠くからホイッスル、近づくにつれてタタン、タッタタンといって、目の前を通過する音に切り替える。タタッタタン・タタッタタン、タタッタンと早い音をさせながらモーター音があるのでワ~ンと表現は難しいが甲高い電動車音を挟む、最後にタッタタンからタタンタタンティッティン・テティンと次第に音を遠くする。時にホイッスル音を短く小さく
モーター音が甲高いのが113型の特徴である。

通過音寝台特急
遠くからピーッツとやや長めに、続いてダダダダーンと強く繰り返し、先頭車の電源車音
ガとゴの中間音ゴーッンと伸ばす、続いて客車音、ティッティティン・ティ・ティティティンと軽く繰り返す、通過して遠ざかるにつれてティティンを繰り返し弱くする。

C62急行手稲

「お待たせしました、まもなく5番線から急行手稲函館行きが発車します」

「ブーッ」というベル音

ひときわ大きくホイッスル音、ボーッツという感じで「ゴトゴトゴトン、次いでフォッ・フォッ・フォッ
フォッと繰り返し言った後、シャシャシャシャンと動輪の空回り音、次いで客車音、タタン。タッン・タタン・タッタタンと繰り返しながらSL音でフォッ・フォッ・フォッ・フォッと早くする、これを交互にいえばSL列車らしくなる。

C62急行客車列車の通過音
遠くからSLのホイッスル音
フォーッッッと長く引っ張る、機関車が近づくにつれてシュシュシュシュン・シュシュシュシュン
とガガガガン・ガガッガガンを繰り返しSLから客車へ、タタン・タタン・タタン・タタンと音をさせ
ながら後部車のタタン・タタンと次第に遠ざかる、ホイッスルを一声小さくフォーンという

江ノ電300型
まず、江ノ島駅の踏み切りの音、カン・カン・カン。カンと音をさせる、遠くからホイッスル音
ファン、次いで、タタタタン、タタタンと目の前を通過、次第にタタタタンを超遅くして江ノ島駅に停車

コンプレッサー音 カタ・カタ・カタと音をさせる。

駅アナウンス
まもなく1番線より鎌倉行きが発車します、次は腰越に止まります。

発車音
重苦しくウウングーン・グーンとお腹に力を入れてその後は、タタタン・タタタン・タタタン音を繰り返す。急カーブがあるので、ウイッー、イー。イーという感じで出す。

京急2100型
京浜急行電鉄の最近の車輌は発車音がド・レ・ミ・ソ調で大きな特色である。同様に常磐線
電車でも聞かれるが京急のほうが圧倒的にドレミとはっきり聞こえる。

発車音
やや高いド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シと高く持っていってその音調のまま、ウ~ン、タタンタタンと徐々に早くしてすぐに高速運転、タタン・タタン・タタンと合間にヒューと風を切る音を入れてゆく。停車音は反対にタタン・タタンと音階を3段階に変えてVVVF方式をあらわしてとめる。

小田急特急連接車

「お待たせいたしました、1番線より箱根湯本行き足柄2号発車いたします」

発車音
「ホイッスル音、ゴゴン・ゴゴン。ゴゴンと続けた後、タタン・タタン・タタンと短く切っていう

箱根登山鉄道
100型、この車輌は箱根登山鉄道の最古参車輌でコンプレッサー音も床に響いてくる音を立てる。ガタガタガタという感じです。

駅案内音
「まもなく強羅行きが発車します、お乗りの方はお急ぎください」

車掌の笛 ピリピリピリ

発車音
ホーンと重苦しい短いホイッスル音、次いでつりかけ式でゴトゴトゴトと、ウーン・ウーン・ウーンとタタン・タタンと早めるもすぐに超低速になってタタン・タタンとンを長めに急勾配を登っている感じを出す。ゴゴン・ゴゴゴンという音も混ぜて、出川橋梁を渡る場合もゴゴゴーンを遅く繰り返す。

阪急電車6000型の音
阪急電車は京都・宝塚・神戸を結ぶ鉄道で百貨店・遊園地・宝塚歌劇などがあります。

ミュージックサイレン 京都線用

駅アナウンス 女性の声で
「お待たせいたしました。2号線の京都行き特急ただいま発車いたします」

運転手
なぜか発車確認音 リンリンリン

発車音
「ウーン、ウーン、タタン・タタンとポイント交差後早くなるがすぐに遅く切り替えてググン・ググンと繰り返す、中津通過後、淀川橋梁を渡る時。ゴゴンゴゴ~ン・ゴゴンとゆっくり繰り返す。

新幹線01系の音
新幹線のモーター音はかなり音が大きいのでウ~ンという感じで大きくいう。

車内車掌アナウンス 気取った声で
「お待たせいたしております、この列車はひかり103号新大阪行きです、発車まで少々お待ちください」

駅女性アナウンス
{お待たせしました、15番線から(ここはゆっくりジュー・・・ゴ番線からひかり103号が発車いたします、お見送りの方は黄色い線にお下がりください、次は名古屋に止まります」

発車の音  ウーンココン・ココン・を繰り返し最初はゆっくり次第に早く持ってゆく、品川付近までは徐行運転、次第にあとは早く
次第に早く時速250キロくらいになると、コン・コン・コン・コン、たまにワン・ワン・ワンと単純になる、これを繰り返す。鉄橋音も同様にガン・ガン・ガンと繰り返す。
トンネル音は、空気抵抗音のせいか、入る時にカタッという感じの音を出してあとはヒューッツと長くする、

案内オルゴール
ポン・ポン・ポン・ポン、ゆっくりとド・ミ・ソ・ドでしょうか音階は

車内アナウンス テープ音女性の声で
「本日は東海道線ひかり103号をご利用くださいましてありがとうございました。
この列車は1号車から16号車でグリーン車はなかほど7号車、8号車です。
停車駅は、新横浜・名古屋・京都・新大阪です
英語で、Ladys&gentlemen this is Hikari 103 bound for Sin Osaka The greencar is
No 8 No9car next is Sin Yokohama thank you」

時に優しく女性の声で
「お客様にご案内申し上げます、ただいまより車内販売を行わせて頂きます
お弁当にお茶、お飲み物などを取り揃えて皆様の席に後ほどお伺いします、お弁当は幕の内弁当のほか、横浜シューマイ弁当、中華弁当、大船のさば寿司、小田原の鯛めし弁当など、お飲み物はジュース、コーラおビールなど、いろいろ取り揃えて皆様のもとにお伺いいたしますのでお声をおかけください。」

「お客様にお訪ねいたします、東亜銀行の石田恒夫さま、お連れ様が14号車でお待ちになっておられます」

などをアナウンスする。

トンネル内の音
ゴ~オ~ンと長く引っ張る。

通過列車音
窓ガラスに当たる音、カタンと一つ言わせて、ヒューン、ヒュウンヒュン・ヒュンと早くいう。

停車音
走行音、コンコンコンから遅くして時速60キロぐらいでココン・ココン・ココン・ココン
と音をさせながらホームに入る際のポイント音、タタラタタタン、タタラランと複雑に音をさせてホームに入り、ココン・ココンと低速で終わる。

寝台特急列車出雲号

駅アナウンス
「お待たせいたしました、19時30分発、寝台特急、出雲号が15番線から発車いたします。
ドアーが閉まります。早口で 列車が発車しています、危険ですから黄色い線までお下がりください」

発車ホイッスル ホフィーと長く一声で

発車音
ガタガタガタン、一つ揺らす感じで、タタン・タタン・タタン・タタンといいポイントでタタラッタタタ
タタンと音をさせたあとにタンタンタンタンタンからタンタンタンタンタラタラタンタンと繰り返す

「パピパピパピポン パンポンピンポンポン」

車掌アナウンス 気取った声か甲高い声で
「本日もJR西日本をご利用くださいましてありがとうございます。皆様とご一緒させて頂く京都車掌区の石津と青山です。
ええ、この列車の途中停車駅と到着予定時刻をお知らせいたします。次は横浜です、横浜19・55分、熱海21:3分、静岡23:12分・・・・・静岡から次は福知山まで止まりません、福知山明朝の5:05分という具合に」

走行音
次第にタタンタッタタン・タタンタッタタンをゆっくり繰り返す。

いやあ、ここまで書いてるうちにアホに見えてきました。お粗末でした。

,

            

| | コメント (3)

鉄道車両博物館②E231系

E231   

先週お見せした113系電車に変わって登場したのがJR東日本のE231系車輌です。E231系電車は30年以上の長きに亘って製造された113系に変わる次世代電車です。

一口にE231系といっても東海道・高崎・東北線及び湘南・新宿ラインと山手線・総武線用は若干形状が異なります。

0002_e231

2003年から老朽化の進んだ113・115系に変わって新たに省エネルギー化、保守管理コストの低減化、運行制御システムの採用など、次世代にふさわしい電車として登場した。

| | コメント (2)

準備中です

準備中です

| | コメント (2)

HIROの連載鉄道博物館めぐり ③

にほんブログ村 鉄道ブログへ

0000001_2

| | コメント (5)

HIROの鉄道車両博物館201系①

Photo_5

にほんブログ村 鉄道ブログへ

昭和54年国鉄が初の本格的な高性能電車の開発に乗り出し201系としてまず中央線に電機子チョッパー制御・電力回生ブレーキを装備した省エネルギーにふさわしい次世代時代の試作車を投入させました.

私も201系の高性能電車が1編成完成し原宿駅構内で展示運転会を見学に行きました。
登場時、前面黒マスクの顔、オレンジ系の暖色シート、ラインフロアー式空調装置、空気バネ台車、紫外線カットのスモーキー窓など特色があります

Photo_8

その頃私鉄は相次いで高性能電車を投入していましたが、まだ全国に3000輌ともいえる大量生産による首都圏の輸送は東京5方向作戦と称して複々線化やラッシュ時の増発をおこなったものの輸送限度に達し、この上は駅間を高加速高減速で走行し時間短縮による増発しか方法がなく、中でも需要が切迫している中央線に201系電車としてまず投入されました。

2年後の昭和56年(1981年)量産車が登場し、昭和57年(1982年)中央・総武緩行線に黄色、東海道・山陽緩行線に水色の201系が登場しました。

しかし登場以来25年以上を経過しており、すでにE233系が中央線に投入されることになり、時の流れを感じます。道路を走る新幹線とすれ違うJR201系電車です。

12月26日から201系の後継車としてE233系新型電車が走行しはじめましたが、今後急速に201系に変わって投入されるとのことです。
ところで下の画像201系ですが、新幹線と隣り合わせでしかもビルの林立する通りを走行していきます。
こういう光景は絶対にあり得ないことですが鉄道模型シュミレーターVR3を用いて作って見ました。

18d94a41d5952f44730b76791f9e8e34_1

| | コメント (2)

大都会の駅の鉄道 渋谷駅 準備中

渋谷駅は、JR山手線を中心に、埼京線・湘南・新宿ライン、東急東横線、京王井の頭線

をはじめとして、東京メトロ銀座線、半蔵門線があって、駅の構造も複雑になっています。

駅の特徴としては、

① 山手線駅は、渋谷駅東口、西口の核となっていて二階が東西の自由通路となっていま
  す。

② 埼京線・湘南新宿ライン駅は、山手線駅ホームより200メートルほど、恵比寿側に設けられていますが、これはスペースがなかったためで変り種だといえます。

③ 中でも昭和初期に開通した地下鉄銀座線は、山手線をまたいで東急百貨店の建物の中に食い込んでいて、日本の地下鉄では銀座線しかありません。

現在準備中です

041_2

地下鉄銀座線渋谷駅ホームで3階に駅がありますが、昭和初期に建設した

ので、ホーム幅が狭く、デイタイムでも1分15秒おきに電車が到着してもホーム

は、すでに乗客があふれています、改良といっても建物内に駅があることとか

すぐ下の階は各線を結ぶ連絡通路があってこの駅の悩みです。

045

043_2

052

東急東横線渋谷駅です。夕方ラッシュアワーも近く混雑しています。

東急線渋谷駅は行き止まり式の4線3ホームですが、MM21線まで

直通元町中華街まで直通運転をしています。

昭和初期以来、長い間愛されてきた東横線渋谷駅もこの6月には

都心副都心線が開通、渋谷、池袋間が開通します。

        

| | コメント (3)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »