« 小田急・江ノ電浪漫紀行 ➁ | トップページ | けだるい夏の日 新風舎文庫出版掲載 »

小田急・江ノ電浪漫紀行 ➀  ➀

10月28日(日曜日)前日の雨風も去って申し分のない雲ひとつない秋晴れです。
家の片付け、洗濯をして気がつけばお昼前、午後4時から用事があるのでそれまでの3時間を利用して江ノ島に出かけました。

コースは地下鉄で湘南台へ、それから小田急江ノ島線で江ノ島へ、江ノ島の海を眺め島に渡って帰りはなんと5年ぶりに江ノ電で鎌倉に出て、JR横須賀線で我が家に帰ろうと決めました

地下鉄で湘南台駅に出てホームに停車している地下鉄を撮影、ところでいつの間にかホームに安全乗車装置が全駅に導入されました。前からですが横浜市営地下鉄は全部の車両が優先席を設けてステッカーが大きく張ってあり、珍しいです。

そのあと湘南台駅を撮影します、駅前はビルが立ち並びにぎやかです。

057_2 

063

湘南台駅から小田急に乗るにはここからエスカレーターで地下に降りてそれから切符を買って再度エスカレーター、階段を登らなければなりません。
地下では小田急・相鉄・それに横浜市営地下鉄が発着していて交通の重要な結節点です。

各停片瀬江ノ島行き3000系が湘南台駅到着です。6両の編成ですが比較的すいていて座席に座ることができました。
それにしても見れば見るほどJR京浜東北線の209
系に酷似していて関内駅か石川町駅って感じです。

065_3 

続いて特急ロマンスカーEXEが藤沢駅に到着です。向かい側右にはJR東海道線E231も見えます。
片瀬江ノ島に向かう運転室展望から見ると架線の柱が変わっています。

069

071070

073

片瀬江ノ島駅に到着です。後続の特急も到着しました。折り返し運転ですでに乗客は乗っていて車内整理も併せて行われるのか作業員の人がいます。

|

« 小田急・江ノ電浪漫紀行 ➁ | トップページ | けだるい夏の日 新風舎文庫出版掲載 »

江ノ島浪漫紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小田急・江ノ電浪漫紀行 ➁ | トップページ | けだるい夏の日 新風舎文庫出版掲載 »