« 遠くへいきた~い東京駅・上野駅編 ➂ | トップページ | 遠くへ行きた~い 東京駅・上野駅編  ➀ »

遠くへいきた~い東京駅編・上野駅編 ➁

さて、常磐線快速電車ホームにはE231常磐カラーの快速電車が止まっていました。
最近投入されたE501は隣りのホームから発着するようです。

次はかっての上野駅遠距離列車発着ホームに向かいます。
ここは、昭和33年頃、父が仕事で新潟に住んでいて、東京に予備校生、大学
入学時にさかんにこの地平ホームの発着するホームで急行
列車を待ったから懐かしい場所です。

当時は、東北・高崎・信越・常磐・成田各線が発着、180度の視界でホームが眺
められました
改札口の脇に大きな板に、急行 越路 9:20 急行 信州 10:05急行 松
島 10:20
などと大きく案内板があったのを覚えて、北陸、東北、奥羽など北日本へのまさ
に終着駅だと思っておりました。

ところが、なんと3線しかなく、行き止まり式終着駅ではなくなっていてしばらく行
かなかったので仰天してしまいました。

2006_0715new11030103_4

常磐線特急スーパーひたちを撮影しましたが、改札口ができていて中に入れません。

そこですぐ側から列車を狙って撮影しました。

2006_0715new11030104_3

2006_0715new11030106_3

2006_0715new11030107_3

ところが、駅のアナウンスが16:50分発、寝台特急北斗星がホームに入線しますので危ないですから黄色い線までお下がりくださいと放送がありました。
これは、鉄道ファンとしては見逃すわけには行きません。
すでに多くの同好の士がデジカメ、ケータイ、ビデオカメラを持っていて、その雄姿を捉えようとしています。急いで向かいます。
EF61100 ヘッドマークの北斗星が誇らしげに輝いています。
機関車には側面の流れ星がデザインされています。
電気機関車はEF61100 日立製です。


2006_0715new11030123

2006_0715new11030124

2006_0715new11030125
























寝台特急北斗星のシンボルが表示されています。食堂車(Dinning Car)です。
食堂車の窓際のピンクのスタンドが印象的です。
北斗星の最後部です。北斗星のマークが輝き、窓からは電気機器が、電源車だということがわかります。

客車ですが、長年の使用で表面が傷んでいて、早晩新製の必要がありそうです。
カシオペアと比較すると、長距離を走る寝台特急北斗星は劣るようです。

2006_0715new11030114

2006_0715new110301132006_0715new11030116

2006_0715new11030117

|

« 遠くへいきた~い東京駅・上野駅編 ➂ | トップページ | 遠くへ行きた~い 東京駅・上野駅編  ➀ »

上野駅・東京駅 富士・北斗星ほか」カテゴリの記事

コメント

肝心なことを忘れてました。
上野駅の地上ホーム、最近ご無沙汰です。久しぶりで画像を見て、たまには行かねばと思った事でした。大昔、電動牽引車が台車をずらりと牽引して人並みを分けて走っていたことを思いだしました。あれは、『遠くへの旅』を誘う風景でしたね。

投稿: む~さん | 2007年11月 9日 (金) 05時22分

フラッシュを使用した撮影は原則として、撮る側~撮られる側、双方の了解で行うのがよろしかろうと思っています。最近のステンレス車両など、光が妙に反射して綺麗に撮れないこともありますし・・・・・。
カメラの『ISO感度値』、『ストロボの使用・不使用』、『接写』等、咄嗟の場合、速攻で替えられる様にしておかねばなりません。
かく申す私、いま、新カメラなものですから、取説常時携帯で、いちいち読んでいる始末です。それでも、しょっちゅう間違えます。
カメラ内蔵のストロボは近景の記念写真向けなので、遠景の車両などは、必ずしも役に立たない事もあります。

投稿: む~さん | 2007年11月 9日 (金) 05時18分

ちなみに国鉄電気機関車・JRの形式の振り方を簡単に解説しておくとまず一番初めの「E」はElectricの頭文字で電気機関車を表します。Eの次のアルファベットは動軸数(動く車軸の数)を表します。例えばFだったらAから順に数えて6番目のアルファベットなので動軸は6軸、Hだったら8番目なので同軸は8軸と言った感じです。

次に2ケタの数字ですが国鉄機関車は「10~29:最高速度85km/h以下の直流電機」「30~49:最高速度85km/h以下の交流もしくは交直流電機」「50~69:最高速度85km/h以上の直流電機」「30~49:最高速度85km/h以上の交流もしくは交直流電機」「90~99:試作機」です。国鉄民営化後になってJR貨物が次世代新性能機関車というものをEF200を皮切りに出し始めたんですが、こちらはアルファベットの後の数字が3ケタで「100~199:直流モーターを使用する直流電機」「200~299:交流モーターを使用する直流電機」「300~399:その他の直流電機」「400~499:直流モーターを使用する交直流電機」「500~599:交流モーターを使用する交直流電機」「600~699:その他の交直流電機」「700~799:直流モーターを使用する交流電機」「800~899:交流モーターを使用する交流電機」「900~999:その他の交流電機」です。

次にその後ろの数字ですがそれは製造番号です。ただし電車や気動車などと同じく番台区分があるため全てが0からカウントされているとは限りません。例えばEF65は基本番台(0番台)、500番台、1000番台があります。

例えばEF65 1103号機だと初めの「Eは電気機関車」、次の「Fは動軸6軸」、次の「2ケタの数字は最高速度85km/h以上の直流電機」、最後の数字の1103は「EF65 1000番台の中で103番目に製造されたもの」ということになります。

投稿: 猫又 | 2007年11月 9日 (金) 02時11分

フラッシュは禁止ですが、こちらは規則で禁止と決められている訳ではないもののホームで撮る場合、ホームでの三脚の使用はマナー違反とされています。理由は三脚は場所を取る上 万が一ひっかけたりして倒した拍子に線路上に落として列車を止めるなどの恐れがあるためとされていますね。最近は平気でホームの端で三脚をたてる人がたくさんいるので知らない人もいるみたいですけどね。そこまで私は悪質でない場合はあまり注意はしませんけど、三脚をホームでたてているのを見かけると正直見かけるとイヤな気分になりますね。こっちだって本当は三脚で取りたいを我慢しているわけですし。もちろんホームではなく沿線から狙う場合は周りに迷惑をかけなければ三脚を使用しても問題はありません。
ちなみに中央線の車両は209系ではなく201系で、北斗星の牽引機はEF61ではなくEF81ですね。直流区間から黒磯以北に入るため直流区間と交流区間を跨いで走行可能な交直流機関車です。

投稿: 猫又 | 2007年11月 9日 (金) 01時53分

さちかぜさま、るるさまコメントどうもありがとうございました。同じ思いですね
僕もブログで鉄道撮影NO FRASH参加などのマークを見て、最近は厳しいなあと思っていましたが、先日JR車掌から注意されるまではわかりませんでした。
場合によっては警察へ逮捕されると聞いて、急遽東京駅のカメラ店に駆け込み電池を買ったついでに動作しないようにしてもらいました。
でも、上野駅に行ったら結構特急寝台北斗星ホームが暗いので、デジカメ、ケータイフラッシュ使って撮影してる人も見られ、なんか徹底していないですね。
でも、だめなものは、特に列車乗務員がフラッシュで眼をやられたりしてはいけないので、多少暗くても今後はNO FRASHでいきましょう

投稿: HIRO | 2007年11月 7日 (水) 20時26分

私もフラッシュは焚いてはダメと言う事を聞いた事あります。
時々、大宮のホームで同業者の方々同士で喧嘩しています。「フラッシュ焚くな~」って。

投稿 さちかぜ | 2007年11月 7日 (水) 13時46分

投稿: さちかぜ | 2007年11月 7日 (水) 20時16分

そうなんですよ、フラッシュ無しのほうが自然な光で
綺麗に撮れるんですよね。

都内で真っ先に新しい車両が導入された中央線が一番
最後のステンレスカー導入路線になるとは!という感じです。

投稿 るる | 2007年11月 6日 (火) 00時43分

投稿: るる | 2007年11月 7日 (水) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠くへいきた~い東京駅・上野駅編 ➂ | トップページ | 遠くへ行きた~い 東京駅・上野駅編  ➀ »