« 東西私鉄対抗シリーズ「京急VS阪急」 | トップページ | 鉄道小説「山手線」未完 »

鉄道車両博物館「C62系」

Sl003_1 懐かしい蒸気機関車C62型のCGです。実は鉄道模型シュミレーションソフトで地形作成によって川・渓谷・山脈を再現してナハ10形式の客車を牽引してこれから峠を越えていく情景を再現させました。思ったより現実に近い形で出来て気にいった作品です。

懐かしい蒸気機関車C62型戦後旅客輸送の急増に対応できずそこでもともと貨物列車用のD51をC51,D52をC62とともに旅客用大型蒸気機関車に改造・転用しました。

従来の蒸気機関車にない自動石炭供給装置が取り付けられたのも大きな特色です。

1948年(昭23)から翌年に掛けてD52を49両を改造しました。

全長21,5mという大きさから使用線区も限られてまず東海道・山陽線に使用され特急つばめに使用されました。ついで1948年(昭24)に東北・常磐線に使用、特急はつかりを牽引しました。

その間、新幹線の建設が行われて東海道・山陽・東北新幹線が開業すると、また石炭資源の枯渇により次第にその地位を追われて最後には北海道の函館本線で急行列車「ニセコ」を牽引しました。雪の原野、山越えをツバメのマークをつけたC62型蒸気機関車の重連が颯爽と走る光景は忘れられないものがあります。

国鉄の旅客用テンダー式蒸気機関車でシロク二という愛称で親しまれています。戦時中逼迫する物資の中で誕生したD51・D52型大型蒸気機関車です。戦後、旅客輸送需要に対応さうるため急遽旅客型蒸気機関車に改造されました。

| | コメント (2) | トラックバッ

|

« 東西私鉄対抗シリーズ「京急VS阪急」 | トップページ | 鉄道小説「山手線」未完 »

鉄道車両博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/282220/5672803

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道車両博物館「C62系」:

« 東西私鉄対抗シリーズ「京急VS阪急」 | トップページ | 鉄道小説「山手線」未完 »